税金対策、お抱え税理士多い国を目指して

所得税でも法人税でも高い比率で課税をされる我が国日本。

法人税に関しては、OECD加盟国34カ国中実行税率がもっとも高いのは日本です。

そんな中、法人税率17%という日本の半分以下の法人税率で注目を集める国があります。
それはシンガポール。

もともと資源にも、国土面積にも恵まれないシンガポールは富国策として税金の課税率を下げ、
世界中からその低い税率に魅力を感じる多くの優秀な人材や企業を集めました。

贈与税や相続税もなく、株や不動産投資に対しても非課税という税金天国なのです。

その国策に魅了され、世界各国から足を運ぶ金融資産を豊富に持つ個人投資家なども多い国です。

しかしながら、日本に生活の基盤をもちながらシンガポールのような国に暮らすことができる人は
ほんの一握り。
多くの日本人は汗水たらして働いたお金から多くの税金を納付しているのが現状です。
サラリーマンなら所得税、個人事業主なら法人税、投資を行う方々も日本の税金システムから逃れることはできません。

ですが、賢く節税する方法は日本に暮らしながらでも存在するのです。

税理士を利用する、というとたくさん稼いでいる事業主の専売特許のように思う方もいるとおもいますが
今の時代個人で投資をする方やネットで副業を営む方なども増え、収入の種類も様々になっています。
そんなときこそ税理士を賢く利用し節税しましょう。
もちろんそれなりのコストはかかりますが、そのパフォーマンスが利益として還ってくるなら利用しない手はありません。

アメリカは源泉徴収制度がないため、一般のサラリーマンもお抱え税理士が多い国です。
日本はアメリカと背景は異なりますが、消費税もあがりゆく今、税金払うばかりの毎日から
上手に還付を受けることができるようになりたいものです。
そんな日のためにも、税理士活用の多い国へと歩んでいくのも新しい納税スタイルかもしれません。

PR

http://xn--tck8a123od9y8k9airc.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>